↑ Return to サービス

RFP(提案依頼書)作成

精度の高い提案、最小価格の見積りを得るためにIT業者に提示する提案依頼書 (RFP: Request For Proposal)を作成します。

<参考>IT導入ステップ

■ 料金: 100,000円(税別)

【前提】 業務要件、システム機能要件が文書としてまとまっていること

※要件: 新たな業務やシステム機能のあるべき姿を文書化したものです。

【成果】 候補業者に提示するための提案依頼書(RFP)

※内容: 提案依頼事項、情報提供依頼事項、要件(お客様まとめの要件 にプラスアルファしたもの)、提案・選定手続き

【手順】

① 今次システム導入の目的と要件、その他事項の確認(ご訪問)

② 提案依頼書草稿の作成とレビュー(ご訪問)

③ 最終版の送付とご承認

【当サービスのメリット】

(1)性能や運用(サービスレベル)など、機能以外の要件や、導入後の コストも踏まえた視点の盛り込みができます。

(2)慣れていない提案依頼~選定までの適切な手続きの盛り込みができます。

(3)知的所有権など契約条件(※要件の一部)の適切な設定ができます。

(4)RFPによる提案・見積り取得により、過不足のないシステムを導入コストを抑えて調達することが可能になります。

(5)その他、より良い提案を受領するため、または、評価し易くするための ノウハウを盛り込めます。

<ご参考>

中小企業が失敗しないシステム導入をするための大きなポイントの一つが、適切なRFPをつくり、適切な候補業者に提示することです。
適切なRFPは過不足のない提案・見積りを受け取ることのほか、業者間に競争原理が働くことで適切な額での見積りが期待できる効用があります。

大企業以外では、めったに大きなシステム導入をしないため、このためのスキルや経験が豊富な担当者の方は少ないのが普通です。

RFPは簡単に言えば入札のための仕様書です。

中小企業では作成経験のない企業の方が多いかもしれませんが、複数業者からの提案を内容がバラバラで受け取るのではなく、横並びで評価して最適な選定するをするためには非常に有効な手段となります。

お問合せ