わかりやすい情報システムの導入のステップ

step01

 1.経営・業務の課題整理

何を解決するために、何をすべきかを明確化します。
(参考:問題解決・アイディア創出)

2.ITに期待する部分の明確化

様々な解決施策のうち、ITが関係する解決策を明らかにします。
システム導入という作業からすれば、「何を作るか」を決めるところです。
※1と2を合わせて「システム企画」という場合もあります。

3.業務とシステムの要件定義

「要件」とは必要な条件ということです。業務やシステムの「あるべ き姿」を明らかにして社内合意をし、社内、社外に共有できるように文書化します。
※社内開発の場合は次の2ステップはありません。

4.購入先・開発依頼先候補に提案依頼書(RFP)を発行

要件定義を含み、提案(要件に対してどのようにこたえるのか)、見積り、業者情報を入手するために、提案依頼書(RFP: Request For Proposal)をまとめ、候補業者に提示します。

5.提案評価・業者選定・契約締結

RFPの回答として業者から提示される提案書を公平、客観的に評価して業者を選定し、契約を締結します。
※3~5のステップを「IT調達」と呼ぶ場合もあります。

6.システム開発と管理

プログラム開発がある場合は、発注元企業側でも設計や設計内容精査に参加したり、現状のデータを調査、整理する作業、システムの総合テストの準備・実施があります。
予定通り開発が進むように、問題対応や進捗管理を行うことが重要です。

7.業務とシステムの移行

新業務、新システムの教育、データの移行をおこない、新たな本番業務を開始します。