↑ Return to 初めてのお客様

初めてのお客様へ

【相談・助言・指導とは】

いわゆるコンサルティングといわれる分野です。お客様の抱える問題に対して解決の糸口となる施策やプラン、考え方をご提示します。
口頭でご提示することのほか、報告書、提言書などの文書、説明会などにより行うことが一般的です。

【どのような時に利用すべきか】

IT導入や管理の失敗や成功からノウハウを学び、自社内で様々な問題に対処できるようになるのが一番です。ただ、進歩の速いITの世界で導入を頻繁におこなってノウハウを維持するは、大企業ならば可能かもしれませんが普通の会社では誰かの手助けが必要となる場合が多くなります。
IT機器やソフトウェアを提供する会社、いわゆるITベンダーをパートナーとして進めるのが主要な手段の一つです。しかし、ITベンダーとのパートナーシップがうまくいかないケースもあります。また、システムの構成がマルチベンダーでなされている場合、複数のベンダーをとりまとめてプロジェクトを進めたり、障害や性能劣化などの問題解決はお客様側の人間がおこなわないとうまく行きません。さらに、そもそも、どのITベンダーをパートナーとするかも悩ましいところです。

このようなことに思い当たることがあればお声かけください。
当社がサービスを提供する場合の立ち位置は、CIO(情報統括役員)の補佐というのが一般的です。社内のIT、IT投資マネジメントに関するあらゆる問題に対して、専門の知識、スキル、経験を生かしてこたえていく立場です。

【大切な守秘義務】

情報に関する企業間取引では先ず最初に守秘義務契約を締結する必要があります。
当社は、お問合せ段階からから全てのやりとりを守秘義務契約の対象とさせていただいています。